入試制度の概要

このページの目的:福岡大学経済学部の入試制度がいろいろある理由

福岡大学の入試制度は多岐に渡りますが、それは制度ごとに優先する受験者像が違うためです。たとえば学力を見るのか、地道な努力をする人物なのか、はたまた経済学部でやりたいことがあって志願する人物なのか。このページでは、それらの狙いをなるべく簡潔に説明することを目的としています。それがわかれば、無理の少ない受験形態を選べるかもしれません。
なお、それぞれの受験制度の詳細、募集枠、必要書類は変わってゆくので、「福岡大学 大学案内」を確認すること。また、学部によって入試制度は違っているので、他学部の受験を考える場合は、やはり「福岡大学 大学案内」の確認が必要です。

大ざっぱに言ってどんな入試制度がある?

経済学部の入試制度はいろいろな分類が可能です。以下では、入試制度を特定の視点で分類し、受験者にあった制度がどれであるかを説明します。

A 学力中心/地道な努力中心/やる気重視

入試制度によって、学力面を基準として選抜するのか、これまでの実績もみるのか、バイタリティーなども加味するのかが違っています。以下、その順番で説明します。
  • 一般入試(前期日程、後期日程)、系統別入試:総合得点の順位で決定するので、試験に強い人に向く。なお点数の配分は異なっていて、以下のようになっている。
    • 前期日程:英語100点, 国語100点, 選択科目(政治・経済、日本史、世界史、地理、数学、簿記・会計のいづれか1つ)100点
    • 系統別:英語 150点、国語100点, 選択科目150点
    • 後期日程:英語、国語、数学のうち2科目を選択し、各100点
  • 大学入試センター入試を受験する入試(センタープラス型入試、大学入試センター試験利用入試(I期), 大学入試センター試験利用入試(II期)):試験に強い人に向くのは一般入試と同じ。おおざっぱにいって、大学入試センター試験の試験結果などによって合格を決定するが、大学入試センター試験の成績の良かった科目を選んで評価されるのが利点。
    • センタープラス型入試:福岡大学の一般入試(前期入試)の英語100点、国語100点に加えて、大学入試センター試験の高得点な科目2つ(各100点)を加えて合否を決定
    • 大学入試センター試験利用入試(I期):大学入試センター試験で4教科5科目を受験すれば志願可能。経済学科は英語230点、国語200点, 数学I・数学A200点, 数学、地理歴史・公民、理科から選択した2科目200点(計830点)で評価。産業経済学科は英語230点, 数学I・数学A200点, 数学II200点、国語、地理歴史・公民、理科から選択した2科目200点(計830点)で評価
    • 大学入試センター試験利用入試(II期):大学入試センター試験で3教科3科目を受験すれば志願可能。英語200点、国語200点, 数学、地理歴史・公民、理科から選択した1科目200点(計600点)で評価
  • 推薦入試(A方式):高校における勉強の実績と基礎学力をみる。その条件・選考方法は、以下
    • 評定平均値3.5以上
    • 高等学校長が学業成績・人物を優秀と認めて推薦
    • 面接による人物評価
    • 面接前に行うテスト(英語:50点、国語50点)
  • 推薦入試(B方式):高校における勉強の実績をみる点はA方式と同じだが、正課・課外活動や大学入学後の意欲などのバイタリティーを評価する。学科によって多少、基準とウェイトが違っている。
    • 経済学科
      • 評定平均値3.7以上
        • 高校で勉学や課外活動における積極的な実績
          • 英検2級以上、TOEFL 450点以上、GTEC 520点以上など
          • 英語・国語・数学の成績が特に優れている
          • 課外活動(生徒会、クラブ活動)でリーダーシップを発揮、もしくは著しい成績を残した、など
          • ボランティア活動、海外生活経験など
      • 高等学校長が推薦
      • 面接による人物評価
      • 面接前の作文(600字)
      • 調査書(高校教員による推薦理由)
    • 産業経済学科
      • 評定平均値3.7以上あるいは数学4教科を履修した場合、評定平均3.2以上
      • 産業経済学科のカリキュラム内容を理解し、入学後の積極的な活動に取り組む姿勢
      • 高等学校長が推薦
      • 面接による人物評価
      • 本人による志望理由書、面接前の作文(600字)
      • 調査書(高校教員による推薦理由)

B 国公立大学志望型/私立文系型

経済学部は文系に分類されるものの、数学を多用するため、理系型の勉強をした人を歓迎します。このため、受験科目数の多い国公立型の受験をする人むけの入試と、科目数の少ない私立文系型の入試があります。以下、科目数の多いほうから少ないほうに並べます。
  • 国公立大学志望型
    • 大学入試センター試験利用入試(I期):大学入試センター試験で4教科5科目
  • 私立文系型
    • 一般入試(前期日程):3教科3科目。英語100点, 国語100点, 選択科目(政治・経済、日本史、世界史、地理、数学、簿記・会計のいづれか1つ)100点
    • 系統別:3教科3科目。英語 150点、国語100点, 選択科目150点
    • 大学入試センター試験利用入試(II期):大学入試センター試験で3教科3科目を受験すれば志願可能。英語200点、国語200点, 「数学、地理歴史・公民、理科」から選択した1科目200点で評価
    • 一般入試(後期日程):2教科2科目。英語、国語、数学のうち2科目を選択し、各100点

C 経済学部にとにかく入りたい/どの学部でもよいから入りたい

福岡大学の学部・学科を複数志願し、どこかに入りたい場合も、いくつかの入試制度で可能です。ただし、志願する学科が増えると受験料も増えますが、検定料は微妙に異なります。
また、どうしても経済学部に入学したい場合は、複数の日程での受験や、複数の制度での受験が可能です。
  • 一般入試(前期日程):受験日の異なる学科なら、この入試制度のなかで最大5学科まで併願可能。なお前期日程最終日は全学科の試験が行われるので、受験日の重なってしまった学科でも併願、同じ学科を2回受験できます。
  • 系統別入試:1回の受験で、系統内の学科を最大10まで併願可能。英語、国語、選択科目の3科目の総合得点で学科ごとに合否を決定(なお、科目のウェイトは学科により異なるため、合否の基準も異なる)。
  • センタープラス型:一般入試(前期日程)および入試センター入試の結果で判定しますが、一般入試(前期日程)での合否判定に加え、入試センター入試での高得点な科目を加えた結果でも合否判定を行います(注:一般入試とセンタープラス型で違う学科への併願はできません)。このため、経済学部に確実に合格したい場合はこの入試制度が向いています。
  • 大学入試センター試験利用入試(I期,II期):この入試制度内で複数学科を併願可能。また一般入試(前期日程、後期日程)、別の大学入試センター試験利用入試で同じ学科、違う学科を出願可能。
  • 一般入試(後期日程):1学科のみ出願可。ほかの入試制度で自信がない場合、追加的に出願できます。